« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月22日 (火)

オルヴィエートの初夏

7orvieto_2012 6orvieto_2012 3orvieto_2012 11orvieto_2012 15orvieto_2012 9orvieto_2012 週末をオルヴィエートの別荘で過ごすローマの友から届いた写真。花いっぱいで猫ちゃんも幸せそう。でも草取りが大変らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またもや「髪を切らせてもらえませんか」

今年の1月、銀座で声を掛けられて十数年ぶりにプロにヘアカットしてもらったことを書いた。4月、髪が伸びたので仕方なく自分でカット。美容室から誘いの電話があったら行ったかもしれないのだけれど。5月、またもや銀座でこんどは若い女性に声を掛けられた。私のアタマはよほど美容師の食指が動くらしい。ひどいヘアスタイルらしい。お金を掛けていないことが一目瞭然らしい。いまさらショックでもないがやはりショックである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月15日 (火)

ボストン美術館 日本美術の至宝

Img004_554x800 ボストン美術館の10万点におよぶ日本美術コレクションから選ばれてやってきた90点。修復されて世界に先駆け初公開となった曽我蕭白「雲龍図」、長谷川等伯「龍虎図屏風」、尾形光琳「松島図屏風」などまさしく至宝のオンパレード。曽我蕭白は現代に通じるアーティストですね。「吉備大臣入唐絵巻」は声を出して笑いました。「平治物語絵巻」はすごい迫力。見応えがありました。いにしえのコレクターに感謝です。友人の誘いで月曜日の休館日でしたが、特別内覧会のチケットで観ることができてラッキーでした。東京国立博物館平成館で610日まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野見山暁治 墨絵展

Nomiyamamukasi 昨年秋から年末にかけてブリジストン美術館で「野見山暁治展」が大々的に開催されたが、今回は水墨の世界に遊ぶ91歳。小品が並ぶ。油絵との区別などないようだ。自在にのびのびと生きている線。画面からはみ出していく気持ちよさ。どんな単純な線でもやっぱり野見山さんなのだ。当たり前だけれど、そこがすごいです。エッセイ集『四百字のデッサン』も名文です。銀座のナカジマアートで523日まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 5日 (土)

雛天神

Cimg0765_800x598 Cimg0770_800x599 古い日本家屋の会席料理のお店二木屋さんでごちそうになりました。日本料理は芸術ですね。たとえば前菜は海老粽寿司、こごみ諸味噌、ふぐ皮煮凍り、玉子焼、かたくり胡麻白和え、ミニトマト檸檬漬、蛸桜煮。これらが一皿にきれいに盛りつけてありました。そして二木屋さんは鹿児島牛が有名なのだそうです。せっかくのお料理の写真を撮りそびれてしまいましたが、あちこちに季節の花や品々がさりげなく飾られていました。雛天神がみごとでした。Cimg0764_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 4日 (金)

草間彌生展 永遠の永遠の永遠

Img004_570x800 100点以上の展示作品の半分以上が80歳を過ぎてからの作品だから驚きです。こんなエネルギーの塊のような人が日本女性であることが誇らしい。光と水と鏡の部屋「魂の灯」に入ると無限の世界が広がります。埼玉県立近代美術館で520日まで(会期中休館日なし)。1_800x595_640x476 2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 1日 (火)

荷風忌と『草枕』

Cimg0756_800x599 430日は永井荷風の命日。毎年この日、三ノ輪の浄閑寺で行われる「荷風忌」に初めて参加した。始まる30分前にはもう行列ができていて驚いた。会場には150人ほどか。年々訪れる人が多くなっているとか。さぞや荷風さんも戸惑っていることでしょうね。法要のあとの講演は画家・齋藤研氏の「観て聴く漱石草枕」。えっ荷風と鴎外じゃなく漱石? それはともかくスクリーンに映し出された画像は美しくなかったけれど、ずいぶん苦労して集められた資料らしい。ミレイの「オフェーリア」や漱石の水墨画も。絵描きさんらしい解釈が面白かった。そしてグレン・グールドと漱石の話は新発見。彼は『草枕』を今世紀最高の作品と評価していた愛読者で、50歳で亡くなったとき、その枕元には『草枕』があったという。『草枕』をじっくり読み返してみなければ。荷風の最期は、倒れていた傍らに鴎外の『澀江抽斎』が開かれたままだったという話はつとに有名だが。Cimg0758_800x573Cimg0759_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »