« ミモザの日 | トップページ | カタクリの花 »

2012年4月 2日 (月)

楠公レストハウスの「与の重」

Cimg0695_800x600 Cimg0690_800x617 Cimg0688 学生時代の友に誘われて食べてきました。友の仕事関係の方がエコ・クッキングプロジェクトに関わっていて、江戸時代の料理書を参考に「江戸エコ行楽重」の開発に携わったというので。その三段重ねの「江戸エコ行楽重」にお刺身重を加えたものが「与の重」。かなり豪華版になります。何しろ品数は20種類近く。東京近郊の旬の食材を使い、ひとつひとつが素材を生かしてじつに丁寧につくられています。ヘルシーで胃にやさしい感じ。お刺身には醤油の代りに煎り酒と辛子をつけて食べます。その煎り酒の旨味は格別でした。鰹節、梅干し、酒などを煮詰めてつくるそう。江戸の頃お醤油は使われていなかったのですね。タコ飯のタコはサクラの花びらをイメージしたそう。これで2100円は絶対お得。おばさんグループは大満足でした。楠公レストハウスは皇居二重橋の楠正成像の前。お花見にぴったりです。

|

« ミモザの日 | トップページ | カタクリの花 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402746/44727760

この記事へのトラックバック一覧です: 楠公レストハウスの「与の重」:

« ミモザの日 | トップページ | カタクリの花 »