« トントさんの初彼岸 | トップページ | 永井荷風の旧居跡 »

2012年3月24日 (土)

西舘好子著『表裏井上ひさし協奏曲』を 読む

面白かったけど、後味の良いものではありませんでした。図書館で目に入ったので借りてきた本。流行作家の家庭内はタイヘンですね。それとも井上家が特別なのか。井上ひさしの妻だった著者の記憶力はすごいです。そしてここまで書いてしまうのと思えるほど、ふたりが言い争った言葉の応酬などがみごと再現されていく。優しさの裏にある冷酷さ。作家は厄介である。このおふたり、強力に影響しあう必要不可欠同士でありながら、水と油だったのでしょう。こまつ座の井上ひさし作品をよく観にいくけれど、表裏はもちろんあることとして、でも作品は作品として。

|

« トントさんの初彼岸 | トップページ | 永井荷風の旧居跡 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402746/44612982

この記事へのトラックバック一覧です: 西舘好子著『表裏井上ひさし協奏曲』を 読む:

« トントさんの初彼岸 | トップページ | 永井荷風の旧居跡 »