« 「東洋陶磁の美」を観る | トップページ | 「難波田史男の15年」を観る »

2012年3月19日 (月)

上法 奏さんのピアノリサイタル

Img003_560x800 昨年上法奏(じょうほうかなで)さんのピアノを聴いたのは、ちょうど東日本大震災の前日、310日だった。あれから1年。ドイツ在住の氏はプログラムに書く。「私なりにこれまでの人生になかったほど苦悩し、日本人として生きた年だった。1年後のこの時期に、私が国で何かを表現するとしたらどんなことだろう、とずっと自問していた」と。祈りのようなブラームスの曲。再生のようなモーツァルト、ハイドン、そしてグルダの曲。モーツァルトの「きらきら星」に思わず涙がこぼれた。グルダの「プレイ・ピアノ・プレイより」にこころが弾んだ。318日仙川アヴェニュー・ホールにて。

|

« 「東洋陶磁の美」を観る | トップページ | 「難波田史男の15年」を観る »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402746/44551694

この記事へのトラックバック一覧です: 上法 奏さんのピアノリサイタル:

« 「東洋陶磁の美」を観る | トップページ | 「難波田史男の15年」を観る »