« 大名庭園・小石川後楽園を巡る | トップページ | お茶の水のニコライ堂 »

2011年11月28日 (月)

『もうダマされないための「科学」講義』

毎日新聞1016日の書評欄に紹介されていた。3.11以後不確実な情報が氾濫するなか、科学に無知な人間に何かヒントはないかという思いで手にした。若手論客がアカデミック・ジャーナルを旗印に専門性や職業の垣根を越えて論じあう「シノドス」という知の交流スペースがあって、2007年から多分野にわたるセミナーを開始しているそうだが、この光文社新書は2010年の科学シリーズのセミナーをまとめたもの。3.11以後、急きょ内容の再検討を行って出版したという。

第一章の「科学と科学でないもの」を読むと、科学には常に不確実性がつきまとうもので、絶対的な信頼はおけないことがよくわかった。「絶対に危険はない」「リスクはない」といいきれば、それは科学ではない。科学者は「調べた限りでは問題ない」と答え、リスクの程度を勘案しバランスを考えた上で妥当と思われるところに線を引く。そこを反対派は「安全じゃない」と批判する。科学的間違いの例はいくらでもあって、科学はそうやって進歩してきた。なぜ間違っているかというところから次へ進むから間違いを大事にしなくてはいけない。科学と科学でないものにはグレーゾーンがあるために、そこに付け込んだニセ科学も横行する、と。

具体的に役立ったのは付録。細胞分子生物学者の片瀬久美子氏がまとめた「放射性物質をめぐるあやしい情報と不安に付け込む人たち」。デマ情報をパターン化して分析している。情報源のあいまいなものは発信元に確認するか、人に噂話として伝えたりせずにいったん保留しておく。もしそれが本当なら追加で詳しい情報がでてくるだろうし、デマであった場合は否定するカウンター情報がでてくるだろう。情報を吟味してデマの可能性があれば自分から広めずにいることは後々自分の信用にもつながると結んでいます。

|

« 大名庭園・小石川後楽園を巡る | トップページ | お茶の水のニコライ堂 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402746/43172987

この記事へのトラックバック一覧です: 『もうダマされないための「科学」講義』:

« 大名庭園・小石川後楽園を巡る | トップページ | お茶の水のニコライ堂 »