« 北海道でみた花 | トップページ | 化粧水をつくる »

2011年6月18日 (土)

大井和郎さんのピアノ演奏

610日、銀座王子ホールで大井和郎さんのピアノ演奏を聴いた。今回はリスト生誕200年を記念したコンサート。でも前半は前回も演奏したロシアロマン派の作曲家アレンスキーの小品と同じくロシアの近代作曲家カバレフスキーのプレリュードで、後半がリストだった。プログラムの解説で、大井さんは「殆どのクラシック音楽は(印象派を除く)絵画的描写ではなく、心理的描写です。言葉では表せない人間の感情を表現しています」と書く。ロシアの2人の作曲家はそれを「不調和音によって見事に表している」らしい。なるほど今回の選曲のせいもあってか、いつも技巧が優りすぎる大井さんの演奏が感情の襞を丁寧に表現し、こころの音をよく出していたように思う。とても素敵なコンサートでした。

|

« 北海道でみた花 | トップページ | 化粧水をつくる »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402746/40450417

この記事へのトラックバック一覧です: 大井和郎さんのピアノ演奏:

« 北海道でみた花 | トップページ | 化粧水をつくる »