« 千鳥ケ淵の桜 | トップページ | イシモチの刺身 »

2011年4月 8日 (金)

ガラス作家 高橋禎彦展

桜見物のあと、煉瓦造りの旧近衛師団司令部庁舎を保存活用している東京国立近代美術館工芸館へ。この建物の前に来ると、どんな展覧会であろうと自然と建物の中に吸い寄せられる。静かで展示スペースも広くなく手頃で落ち着ける贅沢な空間。私の好きな場所のひとつ。高橋禎彦さんの作品を観るのは初めて。ガラスとは思えない、体温の感じられる温かさ、丸み。触ってみたい衝動に駆られました。いいなぁ。「うごくもの」、「とろけること」、「かんじること」、「花のような」、「さわれないもの」……それぞれの作品名もいいなぁ。58日まで。Img002_800x573_2 

|

« 千鳥ケ淵の桜 | トップページ | イシモチの刺身 »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402746/39533102

この記事へのトラックバック一覧です: ガラス作家 高橋禎彦展:

« 千鳥ケ淵の桜 | トップページ | イシモチの刺身 »