« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月17日 (日)

ハーブ&ドロシー

現代アートのコレクターで有名な老夫妻のドキュメント映画。無類の面白さでした。ニューヨークに住む郵便局員の夫と図書館司書の妻は結婚当初から現代アートを買い集めることが趣味。作品を購入する基準は自分たちの給料で買えること。アパートに収まるサイズであること。夫の給料はすべてアートに注ぎ、生活費は妻の給料で賄う生活をつづけた。2人へのインタビューを聞いていると、まさに2人で1人の人物のような息の合った関係で、役割分担がお見事。いい作品を見つけると突っ走る夫、冷静に判断する妻。膨大なコレクションはどちらか片方がいなければ成立しなかったことだろう。2人は無名作家のアトリエを訪ねると、作品だけでなくそのプロセスを知りたがり、他のすべての作品を見たがる徹底ぶり。そうしたなかから1点を選ぶ。購入した作品は絶対売らない。狭いアパートが作品で埋もれていく。ついに飽和状態になったとき、ナショナルアートギャラリーへの寄贈の話が持ち上がり、作品がアパートから搬出される。その量、美術館の見積りでは大型引越しトラック1.5台分だったのが、なんと5台分にも。ミニマルアート、コンセプチュアルアート5000点。よくまあ収納されていたものです。愛する猫と暮らす広さが確保できたのに、コレクション病はまたもや進行中のよう。この情熱はとにかくすごいです。なんて素晴らしい夫婦。渋谷のイメージフォーラムで。小劇場とはいえ、観客4人とはもったいなかったなぁ。29日まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月16日 (土)

ドウス昌代著『イサム・ノグチ』(上下巻)を読む

以前から読もうと思いつつ手にしなかった本。イサム・ノグチの母レオニーを描いた映画「レオニー」を観たのを機会に読んだ。日本人の父親とアメリカ人の母親。「二人の出会いのその不幸な部分が、ぼくの育ちそのものなのだ」。私生児として複雑な環境に育ったイサム。のちに世界的なアーティストとして成功をおさめても「ぼくはいつも世界のあちこちの地をさまよっている。アメリカにいるときはアメリカ人であり、日本にいるときは、いわばぼくはそのときだけは、日本人というわけだ」という運命を背負った生涯だった。強烈な自我、芸術への飽くなき探求心。仕事へのひたむきさ。でも華やかな女性遍歴にはおどろく。どんな女性も一目で吸い寄せられるほどの魅力ある男だったらしいが、イサムにとっての女は芸術家に必要な刺激剤であり、ひとときの安らぎだったのだろうか。著者ドウス昌代の多方面への丹念な取材がイサムの人間像を炙りだす。もう一冊、気になっている本にアルベルト・ジャコメッティの「エクリ」がある。これも近々読んでみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月13日 (水)

グランヴィル 19世紀フランス幻想版画展

フランス文学の鹿島茂氏のコレクションだという。スゴイ。版画や古書などとにかく膨大な数。練馬区立美術館で223日から43日までの会期だったが、東日本大震災の影響で1週間延長となったため、最終日の10日に観に行けた。入口でチケットを買おうとしたら見知らぬ男性がよかったらどうぞ、と招待券を下さった。なんとラッキー。私も余分にチケットがあるとき誰かに差し上げたいと思うが、そのタイミングがなかなか難しいものだ。さて、人間をさまざまな動物に見立てて描くこの画家の諷刺画は観たことはあるけれど、グランヴィルという人物であることは初めて知ったし、たくさんの作品をまとめてみるのも初めて。1800年代のフランス世相に詳しかったら、そしてフランス語が解ったら面白さも倍々増だろうけど、絵だけ見ていても愉しかった。『不思議の国のアリス』のルイス・キャロルも影響を受けたとか。観覧後は同行のKさんと西武沿線の稲荷山公園まで足を延ばし、満開の桜をウォッチング。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イシモチの刺身

Cimg0316_800x587_2 Cimg0321_800x600_3 Cimg0325_800x604 また釣り好きのMさんから千葉沖で獲れたイシモチをいただいた。K兄がさばいて、熱湯をかけ、刺身にしてくれた。さっぱりした味。かまぼこの材料によく使うらしい。鯛と一緒でウロコがすごい。このウロコとりだけ手伝った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 8日 (金)

ガラス作家 高橋禎彦展

桜見物のあと、煉瓦造りの旧近衛師団司令部庁舎を保存活用している東京国立近代美術館工芸館へ。この建物の前に来ると、どんな展覧会であろうと自然と建物の中に吸い寄せられる。静かで展示スペースも広くなく手頃で落ち着ける贅沢な空間。私の好きな場所のひとつ。高橋禎彦さんの作品を観るのは初めて。ガラスとは思えない、体温の感じられる温かさ、丸み。触ってみたい衝動に駆られました。いいなぁ。「うごくもの」、「とろけること」、「かんじること」、「花のような」、「さわれないもの」……それぞれの作品名もいいなぁ。58日まで。Img002_800x573_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千鳥ケ淵の桜

Cimg0305_800x600 午前9時。二番町からローマ法王庁大使館の前を通って靖国神社までブラリブラリ。早い時間なので境内に人影はまばら。それに今年は大震災のため千代田区の桜まつりが取りやめになり、境内での飲食も禁止になったので静かなお花見になった。花曇り。満開の桜も心なしか寂しそうである。唯一千代田区の出店として、地元九段の桜で染めたハンカチやストールなどの桜グッズを今年も売っている友の手伝いをちょっぴりしてから千鳥ケ淵を散策。さすがの人混みである。ボートがたくさんでている。ボート乗り場には長い列。飲食禁止とあってせめてボート漕ぎを楽しもうということか。お濠沿いに東京国立近代美術館工芸館まで歩く。万歩計をみると7500歩程度。大した距離じゃないのですね。Cimg0308_800x588

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 2日 (土)

岩合光昭 写真展(小田急百貨店町田店)

動物写真家岩合さんの猫はほんといい。過日、丸善で犬と猫が並んでいる写真のカードがすっかり気に入って、友人とお互いの誕生日カードにしましょうと購入した。その大きな写真が会場入り口にドカッと飾ってあった。そして田代島の猫たちの写真もたくさんあった。懐かしい。会場には猫好きの歓声。3年前、猫島と呼ばれる宮城県の田代島の猫に会いに行った。石巻からフェリーで50分。100人ほどの島民に対して猫が200匹。自由に生きている。猫好きの何軒かがエサを与えているようだけど、港に船が着くと魚をもらいに集まってくる。道で人をみると期待してついてくる。今回の地震でもっとも被災のひどかった石巻。石巻の人たち、田代島の人たち、そして猫たちのことが真っ先に頭に浮かび、とてもとても心配です。写真展は45日まで。入場料の一部は被災された方々に日本赤十字社を通じ寄付されるそうです。町田に行った本来の目的は友に会うことと、デパートの他の階で知り合いの画商さんが催している戦後の日本版画展だったけど、思いがけず猫展を観られてよかったよかったです。写真は猫島で撮ったもの。Nekoshima_1_800x600 Umi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »