« 3.11東日本大震災 | トップページ | トントさんにスポイトで水 »

2011年3月27日 (日)

トントさん、脳梗塞でねたきりに

3月20日。余震が続く。ベランダでドサッと音がした。トントさんがひっくり返っている。起ち上がろうとしてまた倒れている。昼過ぎからベランダにある段ボールのなかで寝ていたのだ。慌てて抱きかかえて中に入れ床に下ろすと、また回転レシーブのように転がった。首と四肢が関節のない人形のようにダラリとしている。自分でも何がどうなったのか分らない様子。何度も転ぶのを繰り返して諦めた。日曜日だったけれど、獣医のM先生に電話する。症状を伝えると、おそらく脳梗塞ですね、と。すぐさま納得した。でも手の打ちようがない。安楽死が頭をよぎったが、しばらく様子をみることにした。12歳。最近ちょっと元気がないね、でもまだそんな年じゃないよね、と話してたばかりだ。口元に食べ物をもっていくとガツガツ食べる。夜、階段から落ちないようにとゲージのなかに寝床を作って入れるとイヤだという。いつものように足元に寝かせたが、夜中ひっくり返ってオシッコ。ほとんど眠れずに朝を迎えた。

|

« 3.11東日本大震災 | トップページ | トントさんにスポイトで水 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402746/39386246

この記事へのトラックバック一覧です: トントさん、脳梗塞でねたきりに:

« 3.11東日本大震災 | トップページ | トントさんにスポイトで水 »