« 岩井栄子さんの「岩井村 猫ともだち展」 | トップページ | 3.11東日本大震災 »

2011年3月 6日 (日)

一番町のスズメ

Kc3g0032 毎週木曜日の朝の集まりが銀座から麹町に変わった。会の終了後、そうだ、ひさしぶりに「麹町のムジナ」をお訪ねしてみよう、と一番町のアトリエに向かった。ドアを開けると相変わらず四谷シモンのどきっとする人形に迎えられる。しばらくおしゃべりをしていると、ムジナさんはスズメにごはんをやらなくちゃ、とベランダのエサ台にエサを撒いた。するとどうだろう、都会にスズメがいなくなったというけれど、いるわいるわ、ベランダの柵に数珠つなぎに舞い降りたスズメが次々とエサ台に群がった。ムジナさん、今度は炊飯器をもってきて蓋を開けた。できたての玄米ごはん。熱いとやけどをするからと、開けたまま。これもスズメのごはんなのだそう。もう2年続けているそう。パリのサクレクール寺院の前にスズメの餌づけで有名なおじさんがいましたっけ。自慢じゃないけど、わたしも掌にスズメが乗ってきたことがあって、触れる足先のこそばゆい感じが記憶にあります。

|

« 岩井栄子さんの「岩井村 猫ともだち展」 | トップページ | 3.11東日本大震災 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402746/39124326

この記事へのトラックバック一覧です: 一番町のスズメ:

« 岩井栄子さんの「岩井村 猫ともだち展」 | トップページ | 3.11東日本大震災 »