« 湯島天神前「鳥つね」の親子丼 | トップページ | アイナメとクロソイの刺身 »

2011年2月 5日 (土)

金子みすゞ展へ

Img001_309x800_2 招待券をいただいたので観に行った。金子みすゞ(19031936)のことは名前といくつかの詩についてはもちろん知っていたけれど、それだけのこと。どういう境遇の人だったかはこの展覧会で初めて知った。26歳で自害している。日本橋三越の会場は平日にもかかわらず結構な人、人。パネル展示がほとんどで、今回の目玉は各界の著名人63人が好きな詩を選び、その想いを綴った生原稿やイメージ絵などが添えてあることか。1980年代に金子みすゞの詩に出合って衝撃を受けた人が埋もれていた彼女の詩と人となりを掘り起こし、世に示したことで一躍ブームに近いものになったらしい。でも展示内容がちょっときれいごとに纏めすぎているし、こういう騒がれ方ってどうなんだろう、と少し疑問に思いました。

「鈴と、小鳥と、それから私

みんなちがって みんないい」

|

« 湯島天神前「鳥つね」の親子丼 | トップページ | アイナメとクロソイの刺身 »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402746/38747637

この記事へのトラックバック一覧です: 金子みすゞ展へ:

« 湯島天神前「鳥つね」の親子丼 | トップページ | アイナメとクロソイの刺身 »