« 相磯凌霜著『荷風余話』を読む | トップページ | 金子みすゞ展へ »

2011年2月 5日 (土)

湯島天神前「鳥つね」の親子丼

午後1:30分までのランチタイムに滑り込みセーフ。昼は上親子丼と上親子丼セットの2種類しかない。ここの親子丼はテレビで取り上げられたりして有名らしい。20年ほど前、末広町の支店「自然洞」で親子丼をごちそうになったとき、玉子の黄身のオレンジ色が強烈な印象として残った。さすがこだわりの玉子なのだろうと納得したものだった。それ以来、親子丼は食べていないと思う。家でも丼物はまったく食べない。で、友に親子丼を食べようか、と言われて無性に食べたくなった。ところが一口食べてこれは困ったなと。味は良いのだけれど、いかんせん甘辛いのだ。しかもだし汁がご飯の底までたっぷり。90年つづくお店の伝統の味なのだろうけど、今の人にはちょっと濃すぎるのじゃないかしら。こだわりの玉子、10個1000円で売ってました。

|

« 相磯凌霜著『荷風余話』を読む | トップページ | 金子みすゞ展へ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402746/38747600

この記事へのトラックバック一覧です: 湯島天神前「鳥つね」の親子丼:

« 相磯凌霜著『荷風余話』を読む | トップページ | 金子みすゞ展へ »