« 映画のはしご「武士の家計簿」と「レオニー」 | トップページ | 富士山を見た »

2010年12月29日 (水)

トントさん血尿、お医者に連れていく

Cimg0002_800x600 トイレ使用後の砂が薄いトマト色だ。誰かが血尿らしい。9月にミックが膀胱炎を再発した。かかりつけのM先生はクセになると仰っていたので、またミックかと疑ったが、トントだった。トントは最近やたらに水を飲む。11歳、まだ年寄りというほどでもないけど、痩せてきたし、腎臓が弱ってきたのでは、というのが私の診断。でもM先生に診ていただくと、何か玉葱のような悪いものを食べませんでしたか、と聞く。と言われてもトントは人間の食べ物には全く関心がなく、嗜好はきわめて頑固で保守的。思い当たらない。で、まずお尻の穴で熱を測っていただく。38.8℃の微熱。ともかく何かの中毒が疑われるというM先生の診断で注射を2本。後頚部に肝臓の解毒剤?の図太い注射。これは痛いですよ、とM先生。お尻?には抗生物質とステロイドを調合した注射。考えてみるとトントがお医者にかかるのは10年前の不妊手術以来だから、じつに孝行猫なのです。家に帰ってきたトントさん、まだ血尿はつづいているけれど、みんなに優しくされてやたら元気である。ほんとのところどこが悪いのかな? としばし様子見です。ちなみにM先生はひとつお尋ねすると、100返事が返ってくるくらい熱心な方でお話し好き。とてもありがたいのだけれど、これじゃ儲からないだろうなといつも心配してます。

|

« 映画のはしご「武士の家計簿」と「レオニー」 | トップページ | 富士山を見た »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402746/38260466

この記事へのトラックバック一覧です: トントさん血尿、お医者に連れていく:

« 映画のはしご「武士の家計簿」と「レオニー」 | トップページ | 富士山を見た »