« ホースケが小ネズミの土産 | トップページ | 髪を切らせてもらえませんか »

2010年12月 5日 (日)

三浦幸子さんの猫

Img001_561x800 銀座のみゆき画廊で日本画の三浦幸子さんの個展を観た。大作と掛け軸の小品など合わせて10点。すべて猫。ずしっと見応えがあった。三浦さんの描く猫は精悍で野生的だけど、気品もぴか一。いまいちばん私が好きな気になる猫なのです。「猫ちゃん」などと気軽に呼べないのです。そして三浦さん自身が細身なのに強靭でしなやか、しかも眼光の鋭さはまさしく猫なのです。案内葉書の作品にある猫の背後の手は有名な十一面観音の指先を使わせてもらったとか。猛暑のころの制作はたいへんだったようで、100円ショップで買った長めの手袋の指先を切って使い、汗が落ちないようにしたそうです。個展は残念ながら4日で終了。

|

« ホースケが小ネズミの土産 | トップページ | 髪を切らせてもらえませんか »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402746/37963114

この記事へのトラックバック一覧です: 三浦幸子さんの猫:

« ホースケが小ネズミの土産 | トップページ | 髪を切らせてもらえませんか »