« 銀杏拾い | トップページ | お掃除ボランティア »

2010年12月14日 (火)

20年ぶりのお墓参り

Cimg0144_639x800_498x658 そのお寺はたしか駅を降りると線路沿いにまっすぐの道だったと記憶していた。お墓の場所もいちばん奥の左角と記憶している。でもどうしてもお寺の名前が想いだせない。ネット検索で見当をつけて出かけた。こんな仰々しいお寺ではなかったはず。駅に戻り、別の道を歩いた。道路を掃除している年配の男性がいた。尋ねるとこの先に寺はないという。折角来たのに。諦めきれず、またさっきの道のもっと先にあるもう一つの寺を訪ねたが、やはり違った。11月とは思えない強い日差しのなかを、コートも上着も脱いで歩いたのに、汗をかいた。

ひと月が過ぎた。知り合いに寺の名前を問い合わせるのはちょっと癪だった。そうだ、古い手帳に書いてあるかもしれない。物置から段ボールを引っ張り出して、その人が亡くなった年の手帳を探した。案の定、寺の名前が書いてあった。降車駅は一つ手前の駅だった。こうしてようやく20年ぶりの墓参りを果たした。黄色い花を添えたらお墓がぱっと明るくなった。来てよかった。長年の無音を詫び、近況報告をした。これでひとつけじめがつき、気が軽やかになった。人の死とは、その人自身ではなく、あとに残された者にとっての問題なのですね。

|

« 銀杏拾い | トップページ | お掃除ボランティア »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402746/38080288

この記事へのトラックバック一覧です: 20年ぶりのお墓参り:

« 銀杏拾い | トップページ | お掃除ボランティア »