« ハル小屋2周年祭 | トップページ | 新宿御苑のジュウガツザクラ »

2010年10月12日 (火)

月夜茸が光った。そして黒カタツムリ

2010_1006_230608cimg0100 10月5日、ハルさん夫妻とその愛犬ゴンちゃんと島牧へ。6月に連れてってもらって、すっかり気に入ってしまった。さっそく海岸で石拾いなど。翌日は宿のシュンスケ君の案内で、車で山の奥へとかなり入り、そこから分け入ってのキノコ狩り。キノコは結構見つかるのだけれど、食べられるキノコか毒キノコかが皆目わからない。でもよきガイド役のおかげで、次第に見分けがつくようになると面白くて熱中してしまった。

シイタケに似た手のひらサイズの立派なキノコを見つけたが、これは月夜茸という猛毒キノコだそう。暗闇で裏側が2010_1006_230621cimg0101光るのでこの名があるとか。ものは試しと、ひとつ持ち帰って暗い部屋のなかで目を凝らすと、全体が青白く浮かび上 がった。月夜茸の群れを暗い森のなかで見たら、さぞや幻想的な光景でしょうね。この辺りはブナの原生林で、月夜茸はブナの枯木に生ずるらしい。残念ながら、なめこはまだちょっと早いらしく、採れなかったが、それに似たコリコリをたくさん収穫できた。

そのブナ林の遊歩道を歩いていたら、黒いカタツムリに何度も出会った。黒いだけでカワイイ!、オシャレ!と大人気。2010_1006_katatumuri

|

« ハル小屋2周年祭 | トップページ | 新宿御苑のジュウガツザクラ »

自然・植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402746/37195312

この記事へのトラックバック一覧です: 月夜茸が光った。そして黒カタツムリ:

« ハル小屋2周年祭 | トップページ | 新宿御苑のジュウガツザクラ »