« 大井和郎さんのピアノリサイタル | トップページ | 造形作家、清水慰さん逝く »

2010年9月18日 (土)

与勇輝人形展「昭和メモリアル」

招待券があったので、銀座松屋で開かれている与勇輝さんの人形展「昭和メモリアル」を観てきた。布の彫刻と呼ばれる作品。以前から話題の人の仕事なので、いちど観たいとは思っていた。前回観た人の話では、すごい観客数で、入場するにも行列だったと聞かされていたので、開店早々の時間に行ったのだが、もう会場は元気なおばちゃんたちであふれていた。どこもおばちゃんパワーはすごい。

昭和天皇とマッカーサーの立像に迎えられ、戦禍にあってもたくましく生きた子供たちの姿が立ち並んでいた。同時代を生きたおばちゃんたちはそれぞれの記憶をたどり、思い出を語りながら観ている。人形が身につけている衣服や小物の下駄や靴、細々した生活用品までリアルに再現されているのには脱帽というか驚くのみ。ただここまで完成されてしまうとシチュエーションの違いだけが興味の対象となってしまう。10年前の作品と新作に差がなかったことがちょっと気になった。テーマのせいということもあるのかもしれないけど。友人と銀座の穴場でイタリアンを食べ、あと2つ、個展とグループ展を観てきた。

|

« 大井和郎さんのピアノリサイタル | トップページ | 造形作家、清水慰さん逝く »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402746/36803627

この記事へのトラックバック一覧です: 与勇輝人形展「昭和メモリアル」:

« 大井和郎さんのピアノリサイタル | トップページ | 造形作家、清水慰さん逝く »