« 太陽はどこに行くの? | トップページ | 大井和郎さんのピアノリサイタル »

2010年9月12日 (日)

「食」は「人」を「良くする」もの

朝飯会で下田英雄さんのお話「国民皆農のすすめ」を聴いた。「農」と「食」に対する国民(消費者)の意識変革がどうしても必要だが、こうして私の話を聞いていただくだけでは意識変革に結び付かない。まず一つでも自分で食べるものを育て、それを食べる体験が第一歩と強調された。まず実践をと。その通りですね。

今年はK兄がゴ―ヤとトマトを植え、もっぱら私は水やりを担当したが、トマトが日に日育って赤くなるのを見ると、幸せだし、愛おしい気持ちになる。こういう心が大切なんですね。「野菜は人の足音を聞いて育つ」…いい言葉を聞きました。そして「食」は「人」を「良くする」ものと。写真は北の国の友から送られてきた元気野菜たち。感動モノでした。

20100903yasai

|

« 太陽はどこに行くの? | トップページ | 大井和郎さんのピアノリサイタル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402746/36694472

この記事へのトラックバック一覧です: 「食」は「人」を「良くする」もの:

« 太陽はどこに行くの? | トップページ | 大井和郎さんのピアノリサイタル »